読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【診断ローテ】低種族値ゴミカスタン!【メガアブソル】

今回はでぃーちょさん主催の診断ローテ大会に参加しました。

ん?

僕ですやんwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

f:id:Mawile_poke:20161017015834p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015841p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015851p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015900p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015919p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015929p:plain

 

僕「なんだこいつら」

 

 

種族値を計算してみたところなんと全体の合計が2739!

平均種族値が2739÷6で456.5。

ふざけないで。

こいつらに何ができるのだろうか。

と考えた結果

 

 

 

 

○個別解説

 

f:id:Mawile_poke:20161017015834p:plain@アブソルナイト

性格:いじっぱり

特性:プレッシャー

努力値:H212 A180 B12 D20 S84

技:はたきおとす 不意打ち じゃれつく みきり

 

俺たちのエース。

よく使っているメガクチートと同じようなものを感じたかったが無理だった。

耐性、耐久値が悲しみを抱えすぎている。

Sを削って悲しくなった対戦があったのでもう少しSを伸ばすべきだった。

 

 

 

f:id:Mawile_poke:20161017015841p:plain@どくどくだま

性格:ようき

特性:こんじょう

努力値:H4 A252 S252

技:からげんき ブレイブバード おいかぜ まもる

 

ファイアロー枠。今大会のMVPでしょう。

いろいろな技を回避し、想定以上の火力で相手を倒してくれた。

本当に頼もしいやつだったし、耐性を考えなければファイアローより使いやすさも感じた。

 

 

f:id:Mawile_poke:20161017015851p:plainきあいのタスキ

性格:ようき

特性:かそく

努力値:H252 A4 S252

技:シザークロス つるぎのまい バトンタッチ まもる

 

今回の構築の肝。

このゴミ虫をなんとかして生かしてやりたいという気持ちで今回の構築を組んだ。

虫技の通りの悪さを分からされてしまった。

 

 

 

f:id:Mawile_poke:20161017015900p:plainハッサムナイト

性格:意地っ張り

特性:テクニシャン→テクニシャン

努力値:H108 A252 S148

技:バレットパンチ はたきおとす むしくい はねやすめ

 

第二エース。アブソルがきついと思ったときに選出していくやつ。

バトンタッチを想定しているのでこのような配分、技構成にしてみた。

 

 

f:id:Mawile_poke:20161017015919p:plain@こだわりスカーフ

性格:なんでも

特性:かわりもの

努力値:H252

技:へんしん

 

 

先頭で出すポケモン。明らかに僕のパーティは電気タイプが重いので相手は電気タイプを選出します。ローテを知っている人たちは基本的に特殊ポケモンを先頭に出しますが、電気タイプはその多くが特殊寄りです。つまり相手の電気タイプを取れる可能性が高いのです。(希望)

ついでに飛行の通りもとても良いので電気タイプをもらうことは非常に重要でした。

 

 

 

f:id:Mawile_poke:20161017015929p:plainとつげきチョッキ

性格:わんぱく

特性:カブトアーマー

努力値:H252 B180 D76

技:どくづき はたきおとす いわなだれ じしん

 

 

鳥を刈るために生まれてきたポケモン。想像していた195倍ほど火力がありませんでした。はたき落とすで相手の持ち物を落とすおじさんになり果てていた。

 

 

 

 

○基本選出

f:id:Mawile_poke:20161017015919p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015851p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015841p:plainf:id:Mawile_poke:20161017015834p:plain

なんと4匹で種族値が1739、平均すると驚異の434.75!

基本的にテッカニンつるぎのまいを積んでアブソルに渡します。

そこでアブソルが一撃で倒されたり、状態異常を入れられないように残りの2匹で圧力()をかけていきます。

A+2をバトンできればあとはふいうちでなぎ倒していきます。

 

というのが理想。

実際「オオスバメ避けてくれ!」

 

バトン先は相手によってハッサムに変えたりしていました。相手に焼き鳥や高火力電気タイプがいる場合にオオスバメドラピオン

 

 

 

 

 

○結果

予選1-5 6位(最下位)

敗者トーナメント準優勝()

 

やはり種族値の壁は高かった。バトン先の耐久値が低すぎる&壁もない、これではバトン先に負担がかかりすぎて悲しみに暮れるしかなかった。

 

 

 

とはいえこいつらはいい勝負をたくさんしてくれてよかったです。

 

 

 

 

 

 

分かったこと

オオスバメファイアローより強い。

 

 

 

おわり